脚を組んで座るのが良くない理由

無意識の内に脚を組んでしまう癖を持っている人は多いです。癖なので直そうと思っても、なかなか難しいですし、同じ方の足ばかりを組んでしまう傾向があります。実は、脚を組んで座る事は体にとってはあまり良くありません。

 
脚を組む事によって、片方に重心がかかり、体の重心が中心からずれてしまうので骨盤が歪む原因となります。骨盤が歪んでしまう事により、頭痛や肩こりや腰痛などを引き起こす事があります。また、骨盤が開いてくると下半身が太りやすくなってしまいます。骨盤は歪んでしまうと自分では治すことが難しいので、整体などに行く必要があります。骨盤が開く事により、脚がO脚になってしまいがちですので、見た目も悪くなってしまいます。体のバランスが崩れてしまうと、体の他の部分に不調が生じてしまいます。

 
また、脚を組む事により片方の脚が圧迫されてしまうので、リンパ液の流れ悪くなりむくみの原因となります。夕方になると浮腫んでしまう人は日中に脚を組んでいる時間が長い可能性があります。

 
脚を組む癖を直す事が一番良いのですが、なかなか難しいです。どうしても直せない場合には、左右バランス良く脚を組み替えて同じ脚にばかり負担が掛からない様にしましょう。
}PgžxQ

コメントは受け付けていません。