バッグを同じ肩にかける事で生じるデメリット

}PgžxQ

バッグをいつも同じ肩にかける人は多く、大抵の場合それが習慣となってしまっているために突然バッグの持ち方は直すということは難しいものです。しかし、いつもバッグを同じ肩にかけるということはあまり体によくありません。

 
バッグを同じ肩にかける事で生じるデメリットとして、バッグを同じ肩にかけ続けることで左右どちらか一方の肩にのみ負荷がかかるため、肩こりの原因になります。また、次第に体の重心がずれてしまったり、骨格が歪んでしまうこともあります。体の重心が傾いていると、姿勢やスタイルが悪く見えたり服が片方の肩だけずり落ちやすくなってしまったりと周りの人から見た時の印象が良くありません。骨格の歪みは、肩だけでなく体の他の部分にも痛みが現れるなど全身に影響を及ぼす可能性もあります。さらに、子供の内にバッグを片方の肩にのみかける癖がついてしまうと癖を直すのが難しいだけでなく、体のバランスが歪んだまま成長してしまう危険性もあります。

 
こうならないようにするためにも、意識してバッグをいつもと反対側の肩にかけるなど一方の肩にのみ負担がかかってしまわないような対策を取ることが必要です。また、バッグが重ければ重いほどこれらのデメリットは強く表れるため、バッグに本当に必要なもの以外は入れないようにしたり、たくさん荷物があるときは1つのバッグにまとめずに2つに分けて左右の肩両方に均等に負荷がかかるようにするとよいです。

コメントは受け付けていません。